田中あゆみ、連載始めます。【あゆみんのともしび録#1】

こんにちは。はじめまして。これから半年間、コラム連載をすることになりました、一般社団法人lightful代表理事の田中あゆみです。

このコラムでは、仕事を通して田中あゆみが感じた悩みや葛藤を皆様へ発信して行こうと思っています。

ゼロイチを作る時は特に、葛藤の連続です。きっと、同じような葛藤を感じていたり、悩んでいる人もたくさんいると思います。その人達に、悩む事、葛藤することは決して無駄ではないということを伝えたい。

そして、一緒に悩んで、一緒に葛藤して、社会をどうにかこうにかみんなで変えていくことができたら嬉しいです。

今日はまず、自分が立ち上げた、一般社団法人lightfulについての紹介を行っていきます。

前提知識として軽く読んでいただけたら嬉しいです。

一般社団法人lightfulは「生徒一人一人にスポットライトを」という理念をもとに、立ち上がりました。

最初はプロジェクトベースで行っていたのですが、学校さんとやりとりをしていく上で、箱があった方がいいと判断し、2年前に一般社団法人にしました。

私がもともと通っていた、品川女子学院は、いわゆる起業教育がめちゃされている学校です。

中学校でデザイン思考などの基礎知識を学んだ後、高校では文化祭で起業体験を行います。

クラスのみんなで企業理念を決め、商品や体験を売るために奔走します。最後は、株主総会を開き、会社を解散させます。私のクラスでは高校1年生の頃モップを作ったりしてました笑。

そのほかにも一人一ビジネス考えたり、グループでソーシャルビジネスについて考えたり。考えるだけでは終わらず、行動にうつして実践するところまで行う授業がとても楽しかったです。

ーーー

ただ、こんなにも面白い授業を展開している母校でも、高校3年生でいきなり勉強にシフトさせられてしまう状況がありました。

成績が良くて将来についてあまり決まっていない子に関しては、否応なしに、早慶だったり東大を目標にさせられる。今までとのギャップに周りの子達がしんどい思いをしているのが辛かったです。

浪人期間中に、友達から「やりたいことが見つからない、このままだと大学生活が無駄になってしまう」とメッセージが飛んできたこともありました。

成績に縛られず、やりたいことや好きなことに全力を注げる環境がある。そしてそれが他方から認められたら、という気持ちから「生徒一人一人にスポットライトを」という理念を掲げるようになりました。

ですが、それが学校の先生のせいなのかと言われると少し違う気がしたのです。

母校の先生方とはすごく仲が良く、色々な話を聞いていました。その中で、本心ではないことを言わなくてはいけない環境だったり、忙しすぎて生徒に向き合うことがどうしても疎かになってしまったり、そんな事実があること知りました。

ーーー

その時私は、学校という組織がとてつもなくしがらみだらけということに気付きました。

まぁこれは学校に限った話ではないと思いますが。

私は、この日本社会で、”生徒一人一人にスポットライトを”という理念を叶えるにはどうすればいいのか、必死に考えました。

もちろん紆余曲折ありましたが、まずは、児童・生徒と一番長い時間接していて、彼らに寄り添うことのできる学校の先生のお手伝いをすることにしました。

そして今は、先生になりたい大学生へのアプローチも進めています。

具体的な話をし始めるととてつもなく長い記事になってしまうので割愛しますが、気になる人は是非連絡ください!笑

田中あゆみとlightfulメンバーの一部

余談なのですが、最初この話を受けた時、正直すごく悩みました。

文才もなく、凡人である自分に何が書けるのだろうか、何を伝えられるのだろうか、と。

ですが、凡人であるからこそ、読者のみんなに寄り添えることがあるのかもしれないと思ったのです。

コラム連載してたり、記事で取り上げられてる人とかって自分とは遠い存在の人間だなと思うことありませんか。この人だから出来るんだろう、言えるんだろう、って感じてしまうこと、ありませんか。私はたくさんあります笑。

田中あゆみに出来るんだから、私にも僕にも出来るかもしれない!やってみよう!って思えたらいいなって思ってます。

なので、失敗談や悩んでることもどんどん共有していきたいです。

これから月に1回頑張ってコラム書いていくので応援してくださいね!
それでは。

ーーー

あゆみんのともしび録という名前の由来。

悩んで葛藤することは、真っ暗闇の中1人で歩いていくような作業です。でも、言葉にして残していくことで光がともっていくと思います。
ひとつひとつの光は小さくても、集まれば道となり暗闇の中の道しるべとなるかもしれません。そしてこのコラムが自分にとっても、読んでいるあなたにとっても、暗闇を灯してくれる、ともしびのような役目を果たせたら幸せです。

田中 あゆみ
PROFILE_

田中 あゆみ / ライター

一般社団法人lightful代表理事

品川女子学院を卒業後、一般社団法人lightfulを発起し、1年間の浪人期間を経てデジタルハリウッド大学に入学。同大学院の佐藤昌宏教授、慶應SFCの鈴木寛教授に師事し教育の研究を行う。公教育における後進育成や労働環境をより良くしていくため、現場と人に主軸を置いたアプローチを模索中。
>lightful「TEST」

SENSE:DRIVE

デジタルネイティブの視点の発信をテーマにリサーチやコラムをデジタルネイティブ視点で配信していく探究プロジェクトです。

デジタルが一般になった時代を生きるデジタルネイティブについて、欧米の情報がメインで伝えられる中、我が国のデジタルネイティブのリアルな状況や、考え方、生み出しているものなどをリサーチし、彼らが切り拓く時代を先に伝えていきます。